リノベーションやオール電化で空間がチェンジする|家も心も変わる

格安が目玉

導入する際に必要な費用とは

住宅を新築する際、またはリフォームする際、オール電化住宅を選択する方が増加しています。オール電化住宅とは、家で使用するすべてのエネルギーを電気でまかなう住宅の事です。キッチンでガスコンロを使用することもないため、火事になるリスクが低く、新築の際に加入する火災保険が安くなる保険会社もあるなど、家計にもメリットの高いシステムです。又、オール電化住宅では、IHクッキングヒーター、エコキュート、太陽光発電のソーラーパネルなどが住宅設備として利用されており、それぞれ多くのメリットがあります。特にエコキュートは、深夜早朝の割安な料金でお湯を沸かすことができるため、給湯にかかるコストを大幅に削減することができるとして、人気の給湯システムです。

家をオール電化住宅にするには、先述の、IHクッキングヒーター、エコキュートなどの設備が必要となります。それらは単品でも購入する事が可能ですので、IHクッキングヒーターはすでに導入済みのご家庭でしたら、給湯器をエコキュートに変更するとオール電化住宅となります。IHクッキングヒーターやエコキュートは、搭載している機能により価格に差がありますが、セットで購入して、工事費まで含めると、100万円くらいが相場と考えらています。その他、床暖房を導入すると、100万円くらいプラスした予算が必要とされています。オール電化住宅にする際、太陽光ソーラーパネルを同時に導入する家庭が多いとされていますが、家庭で生産した電力を使用する電力に回せるため、大変エコロジーなシステムとして需要が高まっています。