リノベーションやオール電化で空間がチェンジする|家も心も変わる

環境を改善しよう

木造住宅はリフォームが簡単

住宅で明るく快適に過ごそうとした場合は、窓の役わりは大きいのです。窓がある事により、部屋に明かりや風を取り入れる事ができるのです。ですが部屋の中には窓がなかったり、サイズが小さい場合も多いのです。そんな時にはリフォームで窓を増設する事が重要です。 リフォームで窓を増設する事は、想像しているよりも簡単に行なう事ができるのです。ただし木造住宅の場合は窓の増設が簡単ですが、鉄筋コンクリート造の住宅では窓の増設は制約があるため、リフォームの業者とよく話し合う事が大切です。リフォームで窓を増設する場合に知っておきたい事を解説していきます。まず住宅の中で最も窓が必要になる場所が、お風呂と脱衣所になるのです。

お風呂には内倒し窓が適している

お風呂や脱衣所は目隠しの意味もあり、窓が取り付けられていないケースも多いのです。そのため換気する事ができないので、カビが発生して湿度も高く住宅を傷めている事もあるのです。そういった場合は、リフォームでお風呂や脱衣所に窓を取り付ける事が肝心です。 お風呂に窓を取り付ける場合は、外に目隠し用のルーバーを取り付ける事で、プライバシーを守る事ができるのです。お風呂に適した窓は内倒し窓になるのです。内倒し窓は掃除が簡単にできるため、お風呂のような、汚れの発生しやすい場所には適しているのです。また窓を増設する場合には、風通しの事を考える必要があるのです。同じ方向の窓を増やすよりも、対角方向に窓を数箇所取り付ける事で、風通しが良くなるのです。